クレジットカード

リボ払いってどんな支払い方法?

『リボ払いってどんな支払い方法?』

 

もともとキャッシングといえば、翌月の一括払いが基本でした。

 

「ちょっと足りない時に、さっと出してもらって、すっと返す」というのが、そのスタイルだったからです。なので貸し出し上限額も低めでした。

 

が、今では、分割払い、リボ払いなど長期にわたって返し続けることが可能なものも増えました。それに従って、貸し出し上限額も高くなっています。

 

かつては区別のあった、カードローンとも、ほとんど内容上の差がないと考えていいでしょう。

 

で、分割払いならば、まだしも理解がしやすいでしょう。たとえば、「50万円借りている。5万円プラス金利を毎月返す」といった形ですから。

 

リボ払いの特徴は、先に借りて返済途中にある借金と、新しく借りた借金を一緒にして返済の対象にする、という点です。

 

その返す金額には主に二つのスタイルがあります。

 

まずシンプルなのは、一定額ずつ返す形です。

 

借金のトータルがいくら残っていても、「5万円ずつ」というのならば、このままです。途中で新しく作った借金もまた加わります。変化するのは、返す額ではなく、返す回数・期間です。

 

また、「スライド式」というスタイルもあります。

 

「借金の残高が、50万円を超えている時は5万円ずつ、50万円までならば3万円ずつ」といった形です。

 

これらリボ払いの欠点は、「あとどれだけで、返し終わるか」が見えにくく、また、実際に延びてしまうことが多いことです。

 

もちろん、金利はしっかりかかります。延びれば延びるほど、トータルでの返済額は増えていきます。