クレジットカード

なぜ無担保で保証人が要らないの?

『なぜ無担保で保証人が要らないの?』

 

2010年の貸金業法改正で、「総量規制」というのが導入されました。

 

「各業者に借りている金額のトータルが年収の3分の1を超えてはならない」というのです。

 

よくある説明はここまでです。が、これには実は、その借りているのが「無担保で」という条件が付いています。

 

「家のローンが、あと1千万円残っている」なんて人は当たり前にいるでしょう。家のローンならば普通は担保をとられています。

 

もし、「無担保で借りている金額」という条件が付いていないと、ローンが残っている人の多くがそれだけで、全くキャッシングやカードローンを利用できなくなってしまいます。

 

では、なぜ、キャッシングやカードローンは無担保で貸してくれるのでしょう。「貸したお金は返ってこない、その分の担保もないので、お金に換えることのできるものも残らない」なんてことになれば、丸損のはずです。

 

また、代わりに払ってくれる保証人も要求されません。

 

ひとつの理由は、その金利の高さです。何人かに一人、貸し倒れになる人がいても、残りの人からとる金利による利益で埋め合わせることができます。

 

こう考えると、審査の緩いところほど、金利が高い理由が分かります。

 

「審査が緩い」というのは、貸し倒れになる可能性も高いということです。で、残った人の数が減るので、その一人一人からはより多く金利をとるのです。

 

こう考えると、「審査の厳しいところでは断られたが、緩いところを見つけて、審査を通してもらった」というのが、喜んでいられないことが分かるでしょう。

 

もちろん、審査の緩いところでも、その会社なりの計算があって、貸し出しの限度額が定められています。